/

この記事は会員限定です

負けに不思議の負けなし 政治を制す政策覇権

Angle

[有料会員限定]

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」。プロ野球の野村克也元監督の名言として広まったこの言葉は、負けるときにはそれにつながる必然的な要因があるとの教えだ。

野球に限った話ではない。勝負ごとの世界すべてに通じる教訓である。その視点で政治を眺めると、みえてくる断面がある。

例えば2020年米大統領選。トランプ氏の敗因は新型コロナウイルス対策の失敗が大きい。感染拡大局面で選挙戦がヤマ場を迎え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン