/

この記事は会員限定です

中国の脱貧困村の現実 「豊かさ」実感、自立は遠く

大中国の時代

[有料会員限定]

上下水道や道路など生活インフラもままならない小さな農村に「豊かさ」をもたらしたのは指導者のスローガンだった。

中国内陸部の重慶市中心部から長江を500キロほど下った巫山県双竜鎮。大型クルーズ船で長江の風景を楽しむ「三峡下りツアー」で知られる農村に2021年5月、大型の観光施設「石上生花」が開業し、地元経済を潤し始めている。

率いるのは地元育ちの劉小紅(55)。音楽教師から長江下りの観光業などで成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1462文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大中国の時代

中国を巡る世界情勢が新たな段階に入りました。変化の渦の中心にいるのが、異例の3期目をめざす習近平(シー・ジンピン)国家主席です。膨張を続ける「大中国」と、それに向き合う世界の動きを追います。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン