/

首相、都道府県間の往来自粛呼びかけ 3都府県「まん延防止」適用

東京など3都府県へ「まん延防止等重点措置」の適用を決定し、報道陣の質問に答える菅首相(9日午後、首相官邸)

菅義偉首相は9日夜、東京、京都、沖縄の3都府県に新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用を決めたと表明した。5月に大型連休を控え「都道府県間の移動について自粛のお願いをしている。警戒感を持って対応したい」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

首相は飲食店の午後8時までの営業時間の短縮、特別措置法に基づく罰則の適用などを感染拡大防止策として挙げた。「集中的な対策を講じることで緊急事態宣言にいたらないように努めていきたい」と説明した。

12日から全国で高齢者へのワクチン接種が始まる。首相は「ワクチンは非常に大きな効果があるので1日も早く接種できるよう取り組みたい」と強調した。知事らと連携して進めていく考えも示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン