/

この記事は会員限定です

与党税制改正大綱、10日決定 選挙意識で中小・地方配慮

[有料会員限定]

自民、公明両党は9日、都内で与党税制協議会を開き、2021年度の与党税制改正大綱の内容について合意した。10日に最終決定する。新型コロナウイルス禍で落ち込む経済の再生に取り組む。1年以内に迫る衆院選を意識して地方や中小企業に配慮した側面も透ける。

自民党の甘利明税制調査会長は協議後、記者団に「21年度税制改正の与党間協議がただいま整い、全てまとまった」と語った。「コロナ禍で社会を支える力を養生し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り860文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン