/

長射程ミサイル開発へ 防衛相表明、イージス艦2隻新造

(更新)
岸防衛相は自民党本部でミサイル防衛政策を説明した(9日)

岸信夫防衛相は9日、相手のミサイル射程圏の外から攻撃できる国産の長射程ミサイル開発を始めると表明した。敵の艦艇から離れた位置で対処できるようにし、自衛隊員の安全を確保しつつ防衛力を強化する。2021年度予算案に335億円を計上する。

自民党国防部会などの合同会議で示し、自民党も了承した。「12式地対艦誘導弾」を改良し、5年間で開発する。燃料タンクを増やし、大型の主翼をつけるなどして射程を延ばす。敵の射程外から攻撃できる「スタンド・オフ・ミサイル」として位置づけ、相手のレーダーに探知されにくくする「ステルス性能」も持たせる。

地上だけでなく艦艇や航空機からも発射できるようにする。

岸氏は地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策も説明した。ミサイル防衛を主任務とする「イージス・システム搭載艦」2隻を建造する方針を正式に示した。

中国など周辺国のミサイル攻撃に対し抑止力を高める。岸氏は「弾道ミサイル防衛を情勢に応じ常時持続できる態勢の構築をめざす」と話した。

加藤勝信官房長官は9日午前の記者会見で、長射程ミサイルの開発について「防衛能力を強化するためのものだ。いわゆる敵基地攻撃を目的としたものではない」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン