/

首相、女性登用具体案 6月めどに策定 男女共同参画推進

think!多様な観点からニュースを考える
すべての女性が輝く社会づくり本部と男女共同参画推進本部の合同会議であいさつする菅首相(9日午前、首相官邸)

政府は9日午前、首相官邸で「すべての女性が輝く社会づくり本部」と男女共同参画推進本部の合同会議を開いた。菅義偉首相は女性の登用と採用目標の達成に向けた具体案を6月をめどに策定すると表明した。「各府省内で偏見や固定観念に基づく言動があれば指摘し、改善してほしい」と関係閣僚に呼びかけた。

政府は指導的地位に占める女性割合を3割へ引き上げる目標を掲げ「2020年代の可能な限り早期」に達成すると男女共同参画基本計画で定める。日本は米欧に比べて女性の登用が遅れているとの指摘がある。

丸川珠代男女共同参画担当相は9日の閣議後記者会見で「性差などに基づいた発言を指摘するコミュニケーションの手法が根付けば文化が変わっていく」と指摘した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン