/

この記事は会員限定です

日米外交、環境が最優先課題に 背景にミレニアル世代

横江公美・東洋大教授

[有料会員限定]

バイデン米次期政権の発足をきっかけに、日本は米国との向き合い方を中長期的に改めざるを得ない。バイデン氏を当選へ押し上げたのはミレニアル世代の票だった。内政に限らず外交も今の若年層の価値観に引っ張られて大きく変容していく。

ミレニアル世代は過去の若者たちと比べても、米国という国家の威信より個人としての幸福を望む傾向が強い。国際社会で一方的にリーダーシップを発揮する米国のあり方を「上から目線」だと嫌う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン