/

首相「全額現金も可能」 18歳以下10万円相当給付

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相は8日、衆院本会議の代表質問で18歳以下への10万円相当の給付に関し全額現金を容認する方針を示した。「(5万円相当は)クーポンを原則検討いただきたいが、自治体の実情に応じて現金でも可能とする」と述べた。

「自治体の意見を聞きつつ具体的な運用方法を検討していく」とも語った。クーポンの形で支給すると事務費がかさむとの立憲民主党の泉健太代表の指摘に答えた。

政府は10万円相当の給付をめぐり、まず年内に5万円の現金給付をはじめ、2022年春に5万円相当のクーポンを配る計画だ。クーポンは子育てや教育などに充ててもらい消費を喚起する狙いがあった。

松野博一官房長官は8日の記者会見でクーポン5万円相当を現金で配ることは認めるものの、先行する5万円とは別に支払うと強調した。10万円の現金一括支給は「想定していない」と言及した。

理由として現金分は新型コロナウイルス対策の予備費、クーポン分は21年度補正予算案に別々に盛り込んでいるためと説明した。

クーポンを巡っては自治体からも慎重論があがっていた。大阪市の松井一郎市長は「10万円を一括給付すべきだ」などと提起した。

首相は本会議で新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種前倒しにも言明した。「できるだけ早期に優先度に応じて前倒しの範囲や方法を示したい」と話した。既存のワクチンの新たな変異型「オミクロン型」への効果を見極める意向も明らかにした。

台湾情勢については「台湾海峡の平和と安定は日本の安全保障はもとより国際社会の安定にとっても重要だ」と指摘。「台湾を巡る問題が平和的に解決されることを期待し関心を持って注視する」と力説した。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン