/

男性議員が疑似妊婦体験 自民、子育て政策に活用狙う

 妊婦体験ジャケットを着用した自民党衆院議員の(左から)小倉将信氏、鈴木憲和氏、藤原崇氏(8日午前、東京・永田町の党本部)=共同

自民党青年局の男性衆院議員3人が8日、妊娠7カ月に相当する重さ7キロのジャケットを着用し、妊婦生活を疑似体験する取り組みを始めた。妊娠時の苦労や不便を実感し、今後の政策づくりに生かす狙いがある。

小倉将信、鈴木憲和、藤原崇の3氏が9日までの2日間、議員活動のほか掃除や買い物などの日常生活をこなす。「立つだけできつい」「こんなに重いのか」などの感想が漏れた。

企画を提案した鈴木貴子衆院議員は「子育て世代の議員が取り組むことで、さまざまな気付きが得られる。働き方改革の議論にもつなげたい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン