/

週休3日で正社員化促す、自民女性活躍委提言 脱非正規へ環境整備を

自民党女性活躍推進特別委員会(森雅子委員長)は8日、新型コロナウイルスの感染拡大で雇用環境が悪化するなどした女性への支援策の提言をまとめた。女性が正社員として働きやすい環境を整備するため、選択的週休3日制の導入などを盛り込んだ。

近く政府に提出する。提言ではひとり親世帯にむけ、2021年度末までに現金給付などの経済支援の検討を促した。

シングルマザーが国の支援制度を把握しやすい仕組みの構築も求めた。「マイナンバーやSNS(交流サイト)を活用し、プッシュ型通知の仕組みを早急に構築すべきだ」と説いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン