/

議員歳費、2割減を継続へ 自民・立民が一致

議員歳費の削減を継続する

自民、立憲民主両党の国会対策委員長は8日、国会内で会談した。4月末に期限を迎える国会議員歳費の2割削減を延長する方針で一致した。自民党の森山裕国対委員長は会談後、記者団に10月の衆院議員の任期満了まで続ける意向を示した。

今国会で歳費法を改正するよう調整する。議員歳費の2割削減は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2020年5月から1年間の予定で始めた。森山氏は「多くの国民が厳しい中で頑張っている。国会議員としてそれをよく理解するのは大事だ」と語った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン