/

医療的ケア児の支援法案、衆院を通過 

自民党本部で記者団の質問に答える野田聖子幹事長代行

日常的に医療的援助が必要な子どもを国や自治体が支援するよう定める医療的ケア児支援法案が8日、衆院本会議で全会一致で可決した。学校や幼稚園、保育所に、たんの吸引などの医療的ケアができる看護師や保育士を置くよう要請する。

法案は自民党や立憲民主党などの超党派の国会議員らでつくる「永田町子ども未来会議」がまとめた。今国会での成立を目指す。

会議の中心メンバーのひとりで、医療的ケア児の息子を持つ自民党の野田聖子幹事長代行は、法案が成立し対策がとられれば「学校に行けない子どもたちにもチャンスを与えられる国になる」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン