/

中国海警局の領海侵入「断じて容認できず」 官房長官

加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、中国海警局の船による沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵入について「断じて容認できない」と述べた。6~7日の2日連続の侵入に外交ルートを通じて抗議したと明かした。

中国で海警局を準軍事組織に位置づける海警法が1日に施行された。加藤氏は「冷静かつ毅然と対応していく」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン