/

この記事は会員限定です

女性の再婚「100日禁止」撤廃 民法改正案

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

法制審議会(法相の諮問機関)の民法親子法制部会は9日、出生届を親が出さずに戸籍に記載されない無戸籍者をなくすため、民法の「嫡出推定」の規定を改正する案を示した。女性の再婚後に生まれた子は再婚後の夫の子とする特例を設ける。妊娠した女性が離婚後100日は結婚できないとする規定は撤廃する。嫡出推定を見直せば明治の民法制定以来初めて。

現在の民法は女性が結婚してから200日経過後に産んだ子どもは夫の子とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン