/

首相「国民の協力で難局乗り越えたい」 緊急事態巡り

(更新)
緊急事態宣言の発令を受け、報道各社のインタビューで国民に理解と協力を訴える菅首相(8日、首相官邸)

菅義偉首相は8日午前、緊急事態宣言の発令を受けて「国民の皆さんの協力をいただきながら、何としても難局を乗り越えたい」と述べた。飲食店の営業時間短縮やテレワークの実施の徹底を呼びかけた。首相官邸で記者団に語った。

政府は7日、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に緊急事態宣言を発令すると決めた。期間は8日から2月7日までの1カ月間となる。首相は「全国それぞれの地域でも感染は過去最高だ。極めて深刻に受け止めている」と強調した。

大阪府と愛知県への発令に関して「そうした地域ともしっかり連携して対応したい。状況を確認して対応したい」と説明した。

西村康稔経済財政・再生相は8日、経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体とウェブ会議を開き、緊急事態宣言への協力を要請した。

テレワークを徹底し、通常時に比べ出勤者を7割減らすよう求めた。2020年春の宣言時と比べ、新型コロナウイルスの感染状況が「桁違い」と表明。感染防止に向け、人の流れの抑制が必要と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン