/

この記事は会員限定です

首相・小池氏、不信連鎖の緊急宣言 確執が実効性左右

(更新) [有料会員限定]

1都3県を対象とした緊急事態宣言が8日、始まった。背景には菅義偉首相と小池百合子東京都知事の不信の連鎖が生んだ駆け引きがあった。新型コロナウイルスの感染抑止に国と都の連携は欠かせず、首相と小池氏の確執が続けば宣言の実効性を損なう恐れもある。

年明け早々、2日の首相公邸。新型コロナの状況分析を終えた首相は午後5時頃まで公邸に滞在していた。道路1本隔てた内閣府庁舎で小池氏ら1都3県の知事とコロナ担当の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン