/

林芳正氏、衆院転出意欲を伝達 古賀、青木両氏と面会

(更新)

自民党岸田派の林芳正元文部科学相(参院山口選挙区)が次期衆院選山口3区へのくら替え出馬の意欲を伝えるため、古賀誠元幹事長、青木幹雄元参院議員会長とそれぞれ面会したと分かった。複数の関係者が7日、明らかにした。両氏は議員引退後も党内に強い影響力を持つ実力者。

関係者によると、林氏は6日、東京都内で古賀、青木両氏を個別に訪問。「山口3区から出てほしいという地元支持者の要請に応えたい」と衆院転出に強い意欲を見せ、支援を期待した。党公認を得られなければ無所属での立候補を辞さない考えも示したという。

山口3区は二階派の河村建夫元官房長官の地元。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン