/

特措法改正「成立後、周知期間は約10日間」 経財相

西村康稔経済財政・再生相は7日の衆院議院運営委員会で、新型コロナウイルスへの対応を定める特別措置法の改正に言及した。休業要請などに従わない場合の罰則新設を検討しており「仮に成立すれば、罰則を伴うので少なくとも10日間くらいは周知期間が必要だ」と述べた。

政府・与党は18日召集の通常国会に改正案を提出し、2月初旬までの成立をめざす。野党も交え、改正内容を協議している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン