/

首相、大雪への対応指示

菅義偉首相は7日、小此木八郎防災相と官邸で面会し、週末にかけて北日本、西日本を中心に見込まれる大雪や暴風、暴風雪について「緊張感を持って対応するように」と指示した。小此木氏は荒天の見通しを説明。記録的大雪に見舞われた秋田県横手市で県から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が除雪作業に従事したことも報告した。

 大雪に見舞われた秋田県横手市=6日午後2時35分(共同通信社機から)

加藤勝信官房長官は記者会見で「大雪による交通障害や施設への被害、落雪、雪崩に警戒してほしい。除雪は1人で作業するのでなく、家族や近所の人に声を掛けて対応してもらいたい」と注意を呼び掛けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン