/

この記事は会員限定です

グリーン外交で米欧と協調 首相、米サミットの参加検討

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相は温暖化ガス排出量を2050年までに実質ゼロにする目標に向け、米国や欧州との政策協調を狙う。米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領が開催をめざす「気候世界サミット」への出席を検討する。世界最大の排出国である中国との対話も進めるなどグリーン外交に着手する。

首相は4日の記者会見で、脱炭素に向けた研究・開発を支援する2兆円の基金創設を表明した。

50年までの排出ゼロ目標は「日本が世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1400文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン