/

この記事は会員限定です

固定資産税軽減、住宅地も対象 地価上昇負担を回避

[有料会員限定]

政府・与党は2021年度税制改正に盛り込む固定資産税の負担軽減措置について、商業地に加えて住宅地など全ての土地を対象にする方針だ。新型コロナウイルスの感染拡大前に地価が上がった分の税負担を引き下げる。与党税制改正大綱に反映する。

固定資産税は土地や建物などにかかり、市町村に納める地方税だ。土地は3年ごとに修正される評価額に税率1.4%をかけて課税する。21年度から3年間は20年1月1日時点の公示地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン