/

首相、尖閣で有識者から意見聴取 海警法施行受け

 沖縄県・尖閣諸島

菅義偉首相は7日、公邸で細谷雄一慶大教授らと面会した。中国海警局の船による沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵入を巡り意見を聞いた。海警局に武器使用を認めた中国の海警法施行で「緊張のレベルが上がった」との指摘を首相は真剣に聞いていたという。

細谷氏は首相との面会後、記者団に「何かあれば今までと違い、軍事衝突に近い形になる。諸外国に比べ、日本国内は変化に対する認識が低い」と語った。「首相は厳しい状況を踏まえ、適切な対応をしなければいけないと感じていた」とも説明した。

ジャーナリストの田原総一朗氏が同席した。田原氏によると、首相は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う医療機関の病床逼迫について「何とかしないといけない」と話したという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン