/

この記事は会員限定です

解散時期でざわつく自民 下村氏「2補選負ければ政局」

背景に支持率急落・コロナ感染拡大…

[有料会員限定]

衆院解散・総選挙の時期を巡って自民党内がざわつき始めた。菅義偉内閣の支持率急落や新型コロナウイルス感染拡大などを受け、任期満了が10月に迫る衆院議員から選挙への不安が出ているためだ。

自民党の下村博文政調会長は5日のBSフジ番組で衆院解散・総選挙の4月実施に言及した。コロナ収束を前提に、4月25日投開票の衆院と参院の補欠選挙に合わせ「補選の時に衆院選もあるかもしれない」と述べた。

同時に「両方(の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン