/

この記事は会員限定です

店への罰則、野党に容認論 「十分な補償」条件に

特措法改正、要請応じぬ場合

[有料会員限定]

与野党が新型コロナウイルスへの対応を定める特別措置法の改正に向けた協議に入った。政府・与党は休業や営業時間短縮に応じた店舗への財政支援を明記する一方で、応じない店舗への罰則新設を検討する。野党にも「十分な補償」などを条件に容認論がある。

政府・与野党は8日に協議会を開いて調整を本格化する。野党も18日召集の通常国会で特措法改正案の早期成立には協力する構えだ。政府・与党は2月初旬までの成立を目指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン