/

変異ウイルス監視体制を強化 首相「新検査、全国で」

(更新)

菅義偉首相は5日夜の記者会見で、新型コロナの変異ウイルスへの監視体制を強化すると表明した。3月から「変異株が短時間で検出できる新たな方法の検査をすべての都道府県で実施し、国内の監視体制を強化する」と述べた。

全国で新たに実施するのはPCR検査とゲノム(全遺伝情報)解析を組み合わせた検査方法だ。早ければ数日で検出できるようになる。

従来の判定は国立感染症研究所(感染研)が全国の地方衛生研究所などから陽性検体の1割程度を集め、ゲノムを解析していた。判明までに2週間程度かかった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン