/

この記事は会員限定です

首相、異例の70分記者会見 小野広報官が初司会

(更新) [有料会員限定]

菅義偉首相は5日夜、緊急事態宣言再延長の決定を受け、首相官邸で70分にわたり記者会見した。2月26日に大阪など6府県への宣言解除を決めた際は会見を開かず、記者団の質問に答える形で対応した。

記者会見は夕方に開く例が多いが、5日は国会日程の関係で午後9時から始まった。1時間以上会見するのは異例で、昨年9月の政権発足以降で最も長かった。野党から「発信力不足だ」との批判もあり、丁寧に質問に答える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン