/

衆院選「4月もあるかもしれない」 下村政調会長

自民党の下村博文政調会長は5日夜、BSフジ番組で衆院解散・総選挙の4月実施について言及した。新型コロナウイルスの収束を前提に、4月25日の衆院と参院の補欠選挙に合わせ「補選の時に衆院選もあるかもしれない」と述べた。

「自民党が両方(の補選で)負ければその後政局になる可能性もある」との見方を示した。下村氏は番組出演後、記者団に「補選が2つあって負ければ『菅政権は大丈夫なのか』ということが出てくることもないとは言えない」と語った。

4月25日に自民党の吉川貴盛元農相の議員辞職に伴う衆院北海道2区補欠選挙と、立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長の死去に伴う参院長野選挙区補欠選挙が予定される。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン