/

共産書記局長、二階氏発言を批判

 小池晃氏=共同

共産党の小池晃書記局長は5日の記者会見で、菅内閣不信任決議案を野党が提出した場合に衆院解散で対抗する考えを重ねて示した自民党の二階俊博幹事長を批判した。「何の権限もない人が解散だ、解散だと振り回すのは不見識のそしりを免れない」と述べた。新型コロナウイルス感染が拡大している現状に触れ「今の時期に不信任案を提出する、解散するのは適切でない」とも語った。

立憲民主党の江田憲司代表代行は会見で「今はコロナ収束が最優先だ。与野党が不信任案を出す、出さないと議論していること自体が良くない」と指摘した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン