/

公明・斉藤氏擁立を伝達 自民幹部、広島県連に

自民党の二階俊博幹事長、山口泰明選挙対策委員長は5日、党本部で党広島県連の宮沢洋一会長と会談した。次期衆院選広島3区に公明党の斉藤鉄夫副代表を与党候補として擁立すると伝えた。

自民党は斉藤氏を推薦する。同区の党支部長に内定していた広島県議の石橋林太郎氏は比例代表の名簿上位で処遇する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン