/

科学技術の研究投資、20年ぶりに5カ年目標達成 政府

(更新)

政府が5年ごとに設ける科学技術分野への投資目標に関し、2016~20年度の予算総額が28兆6千億円となり、目標の26兆円を上回った。達成は1996~2000年度期以来20年ぶり。脱炭素技術といったグリーン投資を促す基金創設や新型コロナウイルスへの対応が後押しとなった。

21年度からの5年間は30兆円をめざす。

政府は1996年に科技政策の指針となる現在の「科学技術・イノベーション基本計画」を初めて策定して以来、5年ごとに目標を掲げてきた。

グリーン社会の実現が世界の潮流となり、日本で遅れる研究者の育成で重要性も高まっている。政府は20年度第3次補正予算で2兆円のグリーン基金の創設と大学ファンドへの5000億円の支出を決めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン