/

この記事は会員限定です

茂木外相、8日からアフリカ4カ国訪問 中国傾斜警戒

[有料会員限定]

茂木敏充外相は8~14日の日程でアフリカ4カ国を訪問する。「自由で開かれたインド太平洋」実現への協力や経済関係の拡充を訴える。アフリカで先行して影響力を高める中国への傾斜を警戒する。透明性のあるビジネス環境整備で日本に引き寄せる。

チュニジア、モザンビーク、南アフリカ、モーリシャスを訪れる。2019年9月の外相就任以降、初めてアフリカ大陸に足を延ばす。

チュニジアは22年の第8回アフリカ開発会議(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン