/

この記事は会員限定です

日米防衛相、核抑止力維持で一致 安保戦略擦り合わせ

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=重田俊介】米国訪問中の岸信夫防衛相は4日、国防総省でオースティン国防長官と75分ほど会談した。日米がそれぞれ策定する国家安全保障戦略などの戦略文書を擦り合わせ、早期に具体化させる方針を確認した。米国の核を含む抑止力を維持し核の脅威に対抗することで一致した。

オースティン氏は会談の冒頭、ロシアのウクライナ侵攻に関し「侵攻は欧州を超える影響を及ぼす。ルールに基づく秩序への挑戦だ」と強調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン