/

首相、長男に調査協力指示 総務省局長会食認める 接待報道

衆院予算委

菅義偉首相は4日の衆院予算委員会で、総務省幹部4人が映像制作会社に勤める首相の長男から接待を受けたとする週刊文春の報道に言及した。事実関係を調べる総務省の調査に協力するよう長男に電話で指示したと表明した。総務省の秋本芳徳情報流通行政局長は会食の事実を認めた。

秋本氏は首相の長男らから会食費や交通費を提供されたと明らかにした。総務省の所管に関わる企業の関係者が食事に参加していたと事後に分かり、確認できた範囲で返金したと説明した。

国家公務員倫理法に基づく倫理規程は利害関係者からの接待や金品の贈与を禁じる。一連の行動が「利害関係者」からの接待に該当するかは調査中を理由に答えなかった。

首相は今回の事案について「全く承知していない」と述べた。「関わった者が誰であっても国民に疑念を抱かせないよう総務省で事実関係を確認し、ルールにのっとって対応してほしい」と話した。立憲民主党の黒岩宇洋氏への答弁。

黒岩氏は「首相が総務相在任時に長男を総務相秘書官に就けたのは世襲よりも甘いのではないか」と迫った。

首相は「ルールをもとに任命している。息子3人を政治家にはしない」と語った。「普段ほとんど会っていない。私自身の政治信条として世襲は制限する」と主張した。

自民党を離党し、公職選挙法違反で有罪判決を受けて議員辞職した河井案里前参院議員に関し「政治家は責任を自覚し常に襟を正すことが大事だ」と唱えた。立民の菊田真紀子氏への答弁。

衆院予算委は4日、首相と全閣僚が出席する2021年度予算案を巡る基本的質疑を始めた。政府・与党は3月末までの予算案の成立をめざす。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン