/

首相、解散時期で発言訂正 「秋」を「秋まで」

菅義偉首相は4日の記者会見で、衆院解散の時期について「秋のどこかでは衆院選をしなければならない」と発言した。会見後に官邸報道室を通じて「秋までのどこかでは」と訂正した。

衆院議員は10月21日に任期満了を迎える。首相は会見で「当面は新型コロナウイルスの感染対策を最優先して取り組む」と語り、早期の衆院解散に慎重な見解を示した。

一方「任期が決まっており、時間の制約も前提にしながら、よくよく考えた上で判断したい」とも話した。「日本の経済全体を見渡し、再生に取り組む必要がある」と強調した。

自民党総裁選の対応に関し「まだ先の話だ」と述べるにとどめた。首相の党総裁の任期は9月末までになる。再選をめざすかどうかを問われ「まずは目の前の課題に一つ一つしっかり取り組むのが大事だ」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン