/

この記事は会員限定です

衆院選19日公示―31日投開票 岸田氏意向、解散は14日

(更新) [有料会員限定]

自民党の岸田文雄総裁は次期衆院選の日程を10月19日公示―31日投開票とする意向を固めた。複数の自民党幹部に伝えた。衆院解散は各党代表質問を実施した後の14日が軸となる見込みだ。岸田氏は4日夜の首相就任後の記者会見で表明する。

31日投開票は想定されていた選択肢で最も早い日程になる。与党内で投開票日は11月7日か14日になるとの見方が広がっていた。1~2週間早い日程を選ぶことで政権運営の主導権を握...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン