/

首相、1都3県で「緊急事態の検討に入る」と表明

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相は4日午前11時から首相官邸で年頭記者会見を開いた。新型コロナウイルスの感染対策として「緊急事態宣言の検討に入る」と表明した。東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を想定する。「飲食の感染リスクの軽減を実効的なものにするために内容を早急に詰める」と話した。

緊急事態宣言を受けた措置は昨年4月の発令時と比較して限定的なものにする考えだ。「約1年のなかで学んできた。どこが問題かは明確になっている。諮問委員会にはかったうえで(内容を)決定したい」と語った。感染リスクの高い飲食店を中心に「やはり限定的に行うことが効果的だ」と述べた。

緊急事態宣言の検討にいたった理由は「1都3県の感染者数が極めて高い水準だ。より強いメッセージが必要と考えた」と説明した。感染拡大要因を巡り「経路不明の感染原因の多くは飲食によるものだ。飲食による感染リスクを減らすことが重要だ」と訴えた。

新型コロナに対応する特別措置法を改正し、時短要請を受け入れる店舗への給付金と従わない場合の罰則をセットで盛り込む方針だ。改正案は通常国会に提出する。「国、自治体、国民が感染拡大を減少に転じさせるために同じ方向に向かって行動するのが大事だ。これから新年会のシーズンを迎える。引き続き不要不急の外出は控えていただきたい」とも強調した。

足元の感染状況については「1日の感染者数が3千人を超え、重症者数も高い水準で推移し、非常に厳しい状況だ」と分析した。感染対策、水際対策、医療体制、ワクチンの早期接種の4点を挙げて「強力な対策を講じる」と語った。

ワクチンに関しては「できる限り2月下旬までに接種を開始できるように準備を進める」と強調した。「当初は2月中に製薬会社の治験データがまとまるとのことだったが、政府から米国本社に対して強く要請し、今月中にまとまる予定だ。私も率先して接種を受ける」と話した。

水際対策については「年末にウイルスの変異種が帰国者から見つかり、外国人の新規入国を原則拒否して入国規制を強化した」と説明した。追加対策として中国や韓国などとの間で合意しているビジネス往来の仕組みも「変異種が発見された際には即時停止する」と打ち出した。

11日まで全国で一時停止している観光需要喚起策「Go To トラベル」は「緊急事態宣言となれば再開はなかなか難しい」と言明した。

医療体制を巡っては「東京をはじめ逼迫する状況が続いている。新型コロナ患者を受け入れる病床などを増やす必要がある」と指摘した。「各自治体と一体となって病床の確保を進める。必要であれば自衛隊の医療チームの投入もちゅうちょしない」と力説した。

2021年の抱負では「まずは新型コロナの感染を収束させ、できるものから実現し、国民に成果を届ける年にしたい」と述べた。デジタル化と脱炭素を政策の柱に据えると語った。政府は今秋にデジタル庁を発足させ、50年の温暖化ガス排出量実質ゼロの実現に向けた取り組みを進める。

少子化対策に関しては「大きく歩みを進め、希望を持てる年にしたい」と強調した。不妊治療の助成制度について「所得制限を撤廃し、予算成立後、1月1日に遡って適用する」と語った。

今夏に予定する東京五輪・パラリンピックの開催には「人類が(新型コロナに)打ち勝った証しとして、 感染対策を万全にして実現する決意だ」と改めて意欲をみせた。

衆院解散・総選挙の時期は「当面は新型コロナの感染対策を最優先で取り組む。日本の経済全体を見渡しながら取り組む必要がある」と話し、早期実施には慎重な姿勢だ。10月に衆院議員が任期満了となることを踏まえ「時間の制約を前提にしながらよくよく考えて判断したい」と語った。

9月末までの任期満了に伴う自民党総裁選は「先の話だ。目の前の課題に一つ一つ取り組むことが大事だ」と述べるにとどめた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン