/

この記事は会員限定です

日米、気候変動で新協定締結 首脳会談で脱炭素目標協議 

[有料会員限定]

日米両政府は16日の菅義偉首相とバイデン米大統領との首脳会談で、気候変動に関するパートナーシップ協定を結ぶ方針だ。欧州に後れを取る日米が2050年の温暖化ガス排出実質ゼロの目標や具体的な道筋などについて協議する。

菅義偉首相は4日のフジテレビ番組で、米国が22日に主催する「気候変動サミット」に向け「日米が共同で(議論を)けん引できるような会談にしたい」と述べた。梶山弘志経済産業相、小泉進次郎環境相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン