/

この記事は会員限定です

途上国の宇宙法整備を支援 政府、国際ルールづくり主導

[有料会員限定]

外務省はアジア太平洋地域の途上国や新興国向けに宇宙関連の法整備を支援する。国連宇宙部(UNOOSA)と協力し、日本政府が持つ立法上のノウハウを伝える。宇宙空間の国際ルールづくりで主導権を狙う。

2021年度中に各国を招いて宇宙法の立案に関するシンポジウムを開く。宇宙政策を担う政府関係者や有識者などが日本の取り組みを説明する。

衛星の打ち上げに関する規則や、衛星で取得した画像データの悪用を防ぐ法案作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン