/

この記事は会員限定です

「世代と派閥」自民の岐路 総裁選せめぎ合い

衆院選へ「勝ち馬」見定め

[有料会員限定]

自民党総裁選の動きが一気に活発になってきた。菅義偉首相(自民党総裁)の不出馬を受け、間近に迫る衆院選を意識した「選挙の顔」を誰にするのか、勝ち馬を見定めようと党内が動く。自民党衆院議員の半数近くを占める当選1~3回生は世論の人気を重視し、派閥の動きは鈍い。

その時々の政治課題や時流をみて動く新しい世代が総裁候補を押し上げるのか、従来の派閥力学が維持されるのか。世代と派閥がせめぎ合う総裁選は、自民党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン