/

台湾にワクチン124万回分、外相が提供発表

think!多様な観点からニュースを考える
日本政府の新型コロナワクチン提供を1面で報じた4日付の台湾各紙=共同

茂木敏充外相は4日の閣議後の記者会見で、政府が新型コロナウイルスのワクチン124万回分を台湾に提供すると発表した。日本で製造した英アストラゼネカのワクチンを無償で贈る。台湾側の要請を受けたもので、同日航空機で発送し午後に現地に届く予定だ。

茂木氏は「台湾とのパートナーシップや友情に基づく提供だ」と述べた。台湾側の対日窓口機関の台湾日本関係協会を通じて供与する。

菅義偉首相は2日、ワクチンが不足する国や地域に国内で生産した3000万回分を供給する方針を示した。日本が議長を務めたオンラインの国際会議「ワクチンサミット」で表明した。台湾が第1弾となる。

茂木氏は対象について、感染状況や日本との関係などを踏まえて判断する方針を示した。

アストラゼネカのワクチンは日本国内で生産が続く。厚生労働省はアストラゼネカ製を当面、公的接種で使わないと決めた。政府は国内製造分を対外援助に活用できるよう、同社と再交渉して許可を得た。

台湾はワクチンの確保が難航する。蔡英文(ツァイ・インウェン)総統はメーカーからの買い付けで「中国が介入したため契約が遅れている」と非難した。中国が台湾へワクチンの緊急支援を申し出たものの、台湾側は断った。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン