/

ワクチンサミット、資金24億㌦確保

途上国支援へ目標上回る

オンラインで開かれたワクチンサミットであいさつする菅首相=Gaviワクチンアライアンス

日米欧などが2日に開いた新型コロナウイルスに関する「ワクチンサミット」で、参加した政府などからの拠出金が総額24億㌦(およそ2600億円)だったと分かった。目標の17億㌦を上回った。

会合を主催した国際団体「Gaviワクチンアライアンス」が集計値を公表した。集めた資金をもとに途上国人口の3割分のワクチンを提供する。日本外務省幹部は「Gaviの発表は米国による将来の拠出分も算入している可能性がある」と語る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン