/

この記事は会員限定です

夫婦別姓、閣内に温度差 小泉氏「反対理由ない」

丸川氏「家族の根幹」

[有料会員限定]

選択的夫婦別姓制度を巡り、3日の参院予算委員会で閣内の温度差が表面化した。小泉進次郎環境相は「反対する理由は何もない。別姓が嫌なら選ばなければいい」と述べた。丸川珠代五輪相は閣僚の立場で言及を避けつつ、入閣前の個人的見解として「家族の根幹に関わる」と話した。

河野太郎規制改革相は「党議拘束をかけずに法案を提出し、各議員が賛否を述べて採決すべきだ」と持論を展開した。菅義...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン