/

台湾へのコロナワクチン供与、4日にも120万回分

外相「緊急のニーズある」

政府は新型コロナウイルスワクチンを4日にも台湾に提供する。台湾が求めているおよそ120万回分を送る。茂木敏充外相は3日の参院外交防衛委員会で「台湾では当面、緊急のニーズがあると認識している」と語った。

オンラインで開かれたワクチンサミットで司会を務めた茂木外相=Gavi. the Vaccine Alliance

菅義偉首相は2日、ワクチンが不足する国や地域に国内で生産した3000万回分を供給すると述べた。日本が議長国を務めたオンラインの国際会議「ワクチンサミット」で表明した。

英アストラゼネカのワクチンは日本国内で生産が続く。厚生労働省はアストラゼネカ製を当面、公的接種で使わない方針を決めている。政府は台湾などへの対外援助に活用できるように同社と交渉をしていた。

茂木氏は立憲民主党の白真勲氏への答弁で、国内生産ワクチンの一部を台湾へ提供する可能性に触れた。「台湾は東日本大震災の際、いちはやく義援金を送ってくれた。困ったときは助け合うことが必要だ」と強調した。

台湾はワクチンの確保に難航する。蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は5月下旬、メーカーからの買い付けを巡り「中国が介入したため契約が今まで遅れている」と非難した。中国は台湾へワクチンの緊急支援を申し出たものの、台湾側は断った。

首相は6月3日、首相官邸で自民党の台湾政策検討プロジェクトチーム(PT)から提言を受け取った。出席者によると、首相は台湾への援助について「製薬会社との関係もあり、最後の詰めをしている」と答えた。

自民党の提言は党政調の部会長と台湾の閣僚による会談など、議員外交を積極的に進める方針を明記した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン