/

内閣広報官に小野日子外務副報道官 山田真貴子氏の後任

(更新)
小野日子氏(2016年撮影)

政府は3日、辞任した山田真貴子前内閣広報官の後任に外務省の小野日子外務副報道官を充てる人事を持ち回り閣議で決定した。女性初の内閣広報官だった山田氏に続き、女性官僚の起用となる。

小野氏は外務省の広報文化外交戦略課長や東南アジア諸国連合(ASEAN)日本政府代表部の公使を歴任し、2020年4月に外務副報道官に就いた。

加藤勝信官房長官は3日午前の記者会見で「広報や報道業務の経験が豊富だ。内閣の重要施策を国民に分かりやすく伝える役割をしっかり果たしてもらうよう期待している」と述べた。

山田氏は19年、放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男らから接待を受けた。接待問題を受け1カ月分の給与報酬の10分の6の自主返納を決めた。その後、2月28日に体調不良で入院し、3月1日に辞任した。

小野 日子氏(おの・ひかりこ)88年(昭63年)一橋大社会卒、外務省へ。ASEAN日本代表部公使、20年外務副報道官。東京都出身、55歳。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン