/

この記事は会員限定です

河井案里参院議員が辞職意向 4月に衆参3補選へ

公選法違反で有罪判決

[有料会員限定]

公職選挙法違反の罪で有罪判決を受けた河井案里参院議員が議員辞職する意向を固めた。2日までに以前所属していた自民党の幹部に伝えた。3日に山東昭子参院議長に辞職願を提出し、同日の参院本会議で許可される見通しだ。

案里議員は2020年6月に自民党を離党している。初当選した19年参院選を巡る公選法違反(買収など)の罪で1月に東京地裁の有罪判決が出た。有罪が確定した場合は19年参院選の当選が無効になり失職す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り259文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン