/

東京五輪「コロナがどういう形でも必ずやる」 森会長

自民党の会合に出席した大会組織委の森会長(2日、党本部)

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は2日、自民党本部の会合に出席した。大会の開催について「新型コロナウイルスがどういう形だろうと必ずやる」と強調した。「やるかやらないかの議論は放っておいて、どうやってやるかだ」と語った。

党のスポーツ立国調査会と2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部が合同で開いた会合で述べた。

森氏は「一番大きな問題は世論がどう五輪を見ているかだ」とも指摘した。「困難な時期に日本が五輪をやり遂げたということが世界に向けた大きなメッセージになる」と開催の意義を訴えた。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン