/

ワクチン端末 4万1千台確保 接種履歴を管理 デジタル相

平井卓也デジタル改革相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種会場で接種履歴を入力するタブレット端末4万1千台を確保したと発表した。NTTドコモとNTTコミュニケーションズの2社と48億円の契約をした。3月中に全国の会場に配布する。

契約は2月26日付で、およそ1年間の端末レンタル料や通信回線の提供、故障や問い合わせへの対応を含む。平井氏は「4万1千台で当初想定していた会場はおおよそカバーできる」と説明した。

政府は個人単位のワクチン接種状況を自治体が把握する新たな接種管理システムを整備する。接種会場で自治体の職員や医療従事者がタブレット端末を使って接種券の情報を読み取り、接種履歴をシステムに登録する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン