/

自民、菅原一秀氏の離党届受理 選挙区で現金配布疑い

(更新)
菅原前経産相の離党届の受理を発表する自民党の衛藤晟一党紀委員長(2日、党本部)

自民党は2日、菅原一秀前経済産業相が提出した離党届を受理した。持ち回りで開いた党紀委員会で了承した。菅原氏は選挙区内の行事の主催者らに「会費」などの名目で現金を提供した疑いが浮上した。東京地検特捜部は公職選挙法違反(寄付行為)の罪で近く略式起訴する見通しだ。

衛藤晟一党紀委員長は2日、党本部で記者団に「極めて残念だ。改めて襟を正していかなければならない」と語った。

自民党は同日、衆院事務局に菅原氏の会派離脱を届け出た。菅原氏は1日に議員辞職願を提出しており、3日の衆院本会議で許可される見込み。

菅原氏は「私の政治活動で一部公選法に触れる部分があり、すべて包み隠さず当局への説明を終え、けじめとして衆院議員を辞職する決意をした」とのコメントを出している。

衆院の新たな会派別勢力分野は次の通り。

自民党・無所属の会277▽立憲民主党・無所属114▽公明党29▽共産党12▽日本維新の会・無所属の会11▽国民民主党・無所属クラブ10▽無所属11▽欠員1

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン