/

EUのワクチン輸出規制「供給日程に影響」 河野氏が懸念

記者会見に臨む河野規制改革相(2日、内閣府)

河野太郎規制改革相は2日の記者会見で、欧州連合(EU)による新型コロナウイルスワクチンの輸出規制について「日本の供給スケジュールに影響が出ている」と懸念を示した。「日本政府としてEUや各企業と積極的に交渉している」と語った。

河野氏は米製薬大手ファイザーのワクチンに関し「欧州と米国に製造工場があり、欧州で製造されるワクチンはEUの輸出規制の対象になる」と説明した。「少なくとも決まっている供給スケジュールに影響を出さないようにしてほしい」と訴えた。

「EUとは茂木敏充外相はじめ外務省が努力してくれている」とも説明した。

茂木氏は1日夜、EUにワクチンの円滑な対日輸出を要請した。EUの執行機関、欧州委員会のドムブロフスキス上級副委員長(通商担当)は「日本への円滑なワクチン輸出を確保するよう最大限努力する」と述べた。

河野氏は「各国がワクチンナショナリズムに陥らないよう調整するメカニズムが必要になる」と指摘した。「日本はワクチンの接種をやったうえで、必要でないものは第三国に回すことをいずれやる」とも話した。

EUは英製薬大手アストラゼネカがEU向けのワクチン供給の大幅削減を通告したのを受け、必要な量を確保する措置に踏み切った。EU域内で製造したワクチンに関し、域外への出荷計画をEUに事前に申告し、許可を得るよう義務付ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン