/

枝野氏「懲役刑を外せた」 特措法と感染症法改正案

立憲民主党の枝野幸男代表は1日の党会合で、衆院を通過した新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案について「満点ではないが、前科者をつくるとんでもない部分を担当者の尽力で外せた」と修正協議の成果を強調した。

自民党との協議は野党の主張を反映し、入院拒否者に対する懲役刑や罰金を行政罰の過料に改めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン